×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

美味しい日本酒を飲みましょう

スポンサードリンク

美味しい日本酒を飲みましょう

飲み会では、どうも日本酒が敬遠されるきらいがあります。
なぜかと言うと、どうも、口当たりの良さ、旨さなどから、ついつい飲み過ぎて失敗することがあったりするからのようです。日本人の食事に最も合った酒だから、旨い、と感じるのは当然なのですが。

 

美味しい日本酒の飲める飲み会なら、定番の居酒屋チェーンよりは個人経営の店を選びましょう。チェーン店では、統括する経営陣の考え方が優先されますが、個人経営の店なら御主人がお酒にこだわって、自分の舌で選んでいます。

 

美味しく人気のある日本酒は、一升瓶で下は二千円程度から上は一万円を越える物も珍しくはありません。ただ、値段と美味しさは比例しません。それはどの酒にしても同じですが、酒屋の店先で見る限りは、日本酒ほど差のある酒はあまり無いようです。

 

高い酒ほど、ゆっくりと舌の上で転がして、その香りと味を味わうのが美味しく飲む秘訣です。ですから、飲み会などでは、そこそこに安いお酒の方がかえって喜ばれます。上手に選べば、市価で二千五百円も出せば、十分に美味しい日本酒が楽しめるでしょう。ただし、酒店での値段と居酒屋での値段は違うのは当然のことです。

 

今人気の高い一つに山形県の十四代(じゅうよんだい)があります。新潟県の越乃寒梅(こしのかんばい)は知名度抜群の日本酒です。東北大震災の復興ムードを応援したいなら、福島県の飛露喜(ひろき)もお勧めです。

 

これ以外にも名酒と呼ばれる日本酒は多々あります。評判に頼るだけではなく、自分で確かめてみるのも大切です。

 

また、店がお勧めのお酒を試してみるのも良いでしょう。日本酒の世界が更に広がります。

スポンサードリンク