×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

カクテル 注意

スポンサードリンク

初心者が陥りやすいカクテルの注意点

カクテルはおしゃれで飲みやすく、人気の高い飲み物です。
種類が豊富なのも魅力です。

 

簡単に作れるので、最近は缶入りのカクテルがスーバーやコンビニに出回っています。アルコールを甘みや炭酸で割るので、飲み口が良く、ほかのお酒は駄目だけれどせ、カクテルなら飲める、と言う人も増えています。

 

実は、メリットである「種類が豊富で、飲み口が良い」がカクテルの落とし穴になります。種類が豊富だと言うのは、アルコールについても、混ぜる材料についても言えることだからです。そしてそれが飲み口の良さに繋がっています。
だから、ついつい飲み過ぎます。
種類が豊富だから、それだけ飲み口が違ってきます。

 

よく「ちゃんぽん」が悪酔いの原因だと言いますが、酔いの原因になるアルコールに、酒による違いはありません。「ちゃんぽん」が悪いのは、飲み口か変わることで、どんどん飲めてしまうことにあります。「ちゃんぽん」の代表が、カクテルなのです。

 

プロが作るカクテルの場合には、アルコールと混ぜ物の配合がきちんと決まっているので安心ですが、素人が作る場合には要注意です。
とかくアルコールが多くなりがちです。けれども口当たりが良いために、つい騙されて飲んでしまう。しかも、ジンやウォッカなど、アルコール度数の極端に高い物が普通にベースになるので、危険です。

 

アルコールの強さももちろんですが、飲み口の良さに騙されないことが重要です。

スポンサードリンク