×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

飲み会 上手なお酒の断り方

スポンサードリンク

上手なお酒の断り方

世の中にはお酒が弱い人がいます。全く飲めない人もいます。
そうした人たちでも、飲み会には参加したいと言う人が少なくありません。
飲み会のあの楽しい雰囲気を味わいたいと思うからです。
また、どうしても参加しなくてはならない場合もあるでしょう。
そうした時、上手にお酒を断る方法はないものでしょうか。

 

お酒を断ると言う考え方ではなく、お酒よりももっと自分をアピール出来る方法があるのだ、と考えるのは如何でしょう。
お酒を断って消極的に参加しているのではなく、飲めないけれども自分は積極的な参加をしているのだ、と言うことを表現できれば言うことがありません。

 

そのためには、
普段から自分はお酒が飲めない、苦手なんだ、と周囲に伝えておくことが大事です。
そして常に、
みんなと何かを一緒にするのが好きなのだ、との印象を与えるような努力が必要です。

 

周りの人たちが、ああ、この人はお酒が駄目なんだな、と思っても、楽しい人だから、飲み会には必要な人なんだ、と思うことが重要です。
一緒にいて楽しくない人を飲み会に誘っても意味がありませんからね。

 

初めて会う人の多い飲み会なら、勧め上手になるのも一つの手でしょう。
そして、相手のことを話題にしてしまえば、飲まなくても十分に雰囲気に合わせられるでしょう。

 

飲み会では、最初に出たグラスのお酒は一口だけでも口をつけるようにしましょう。
それでみんなが楽しく会を始めることができます。
そのお酒はあとで誰かに飲んでもらえば良いのです。

 

もしもお酒をしつこく強要する人がいたら、話の分かる人に助けを求めましょう。
アルコールハラスメントは立派な暴力ですから、遠慮することはありません。
アルコールハラスメントが治らない人なら、以後、そうした人と一緒に参加するのはやめましょう。

スポンサードリンク